限度額の増加と総量規制

HOME > キャッシングの限度額 > 限度額の増加と総量規制

限度額の増加と総量規制

新しくキャッシングの申し込みをすると、審査の内容をうけて限度額を定めます。

審査は顧客の年収、勤務先、勤続年数、過去のキャッシング利用歴などに基づいて行われ、それから限度額を決めます。

キャッシングで融資を受ける時には、今までキャッシングを使ったことがない人は、50万円くらいになります。キャッシングでは、利用限度額の範囲内でなら、繰り返し融資を受けることが可能です。

もっと大口の融資を受けたくて、キャッシング枠の増大を希望しているという人もいます。キャッシングの限度額を増額するためには、どうすればいいのでしょうか。限度額を大きくしたいと思ったら、いくつかの手続きをとる必要があります。

キャッシング会社からの信用が高くなれば、キャッシング限度額はアップしてもらえます。キャッシング会社にとって望ましい顧客とは、お金をどんどん借りて、延滞せずに全て返すことです。そうしていれば信用は積み上がっていきます。

限度額を増やしたい場合は、キャッシング会社からの信頼をある程度ためてから、限度額の引き上げを希望します。しっかり借りて、きちんと返す、キャッシング会社にとってのいい顧客なら、限度額の増大を持ちかけられたりもします。

キャッシング会社では、総量規制により年収の3分の1までしか増額の対応はできませんが、総量規制対象外の銀行であればそれ以上の融資も可能となっています。

PAGE TOP